このサイトでは、こんなカーポートの疑問をまとめて解決します!

ボクが、カーポートの疑問をまとめて解決します!

  • ガレージ・カーポートってまずは何から始めればいいの?
  • カーポートの相場価格を知りたい、予算感がわからない
  • 一生に一度の買い物なので、失敗せずにかしこく買いたい!
ソラ
ソラ
はじめまして、お庭に住んでいるワンコの「ソラ」と申します。
ご主人
ご主人
なんで、あなたが出てくるのよ! 
ソラ
ソラ
だって、ボクは、ご主人さまよりお庭に居る時間が長いもん!

ここでは、カーポートのお悩みについてボクが解説します。

いつも散歩しているときは、他のお家を見てる!

だから、町内でカーポートを買っている人をいっぱい見てきたから詳しいの!

なので、カーポートについて、いろいろ解説していきたいと思います。

カーポートの検討ってまずは何から始めればいいの?

ご主人
ご主人
ほほう、じゃぁ、カーポートの検討ってまずは何から始めればいいの?

ハイ。

最初は、駐車台数から考えるのがベストです!

カースペースは、敷地の広さ、クルマの所有台数によってほぼ決まります。

台数に関しては、あとから増えたり減ったり、変動する要素がすくないので一番最初に決めておくのが一番スムーズです。

クルマ1台用の駐車スペースは約幅2.5m×奥行5mのスペースが、あれば十分です。

クルマ2台用になると、横並びなら約幅5m×奥行5m。縦列駐車の場合は幅2.5m×奥行10mになります。

1台用~4台用まで詳しい商品・サイズについてはコチラで解説しています。

≫台数からカーポートを選ぶ

台数が決まれば、カーポートの価格とデザインを考える

ではでは、クルマの台数が決まれば、次のステップです!

カーポート選びで、必要な台数が決まれば、つぎは価格・デザイン・ブランドの検討をします!

カーポート選びで、重要視したいポイントは以下の3つでは一番どこを重視したいですか?

  • やっぱり価格、コストパフォーマンス
  • カッコイイ・おしゃれなデザイン
  • 大手メーカー・ブランド

パッと見て、どれが一番ビビッと来ましたか?

直感を大事にしながら、それぞれについて解説しているページがあります。

やっぱり価格が気になるわ!、という方へ

ご主人
ご主人
別に雨風しのげればそれで良い!
奥さん
奥さん
どうせ買うなら、お得に買いたい!

そう思うのは誰しも同じですね。

カーポートは同じメーカー・同じ商品・同じサイズでも、業者さんによって値段が変わってくるという超不思議な商品です。

なので、見積もり価格も場合によっては変わってくるので、ぜひお得に購入できる方法を知ってもらいたいです。

こちらのページで、かんたんにできる安くカーポートを手に入れる方法を解説しています!

【簡単にデキる】安いカーポートを手に入れる8つの方法・カーポートがほしいけど、思ったより費用が高かった!・見積もりが予算オーバーしている この記事では、カーポートの費用を抑えるポイントを8つ紹介します。いま手元の見積もり価格から、安い価格でカーポートを購入できるようになると嬉しいですよね。8つぜんぶ網羅できなくても、1つでも実行するとウン万円と見積り金額が下がりますよ。とっておきの方法なのでぜひ実践してください。...

≫その他、カーポートを価格から選ぶ方法を見る

お隣とは違う、オシャレにしたい!、という方へ

ご主人
ご主人
お隣さんと全く同じモノはねぇ…
奥さん
奥さん
マイホームの外観にもこだわったから! 

同じ車の屋根だったとしてもデザインがいろいろあります。

という人もいるかも知れませんが、マイホームを購入して外観などにこだわって作っても、外構のカーポートで隠してしまうと、もったいない!

カーポートは非常に大きな商品なので、見た目を占める割合も大きいです。

見た目も気になる!という人は、ぜひおしゃれなカーポートも検討してもらいたい。

ちょっと見た目が違うもの、おしゃれなものを選んでいただくだけで、ずいぶん外観の印象が変わります!

ちょっと…高いけどね

≫その他、カーポートをデザインから選ぶ方法を見る

やっぱり、安心感・大手製の商品が良い!、という方へ

カーポートはあまりCMをしていなかったり、買う頻度が少ないので大手のメーカーさんやブランドを知らないことがほとんど!

奥さん
奥さん
そう、私も全く知らない!

安心してください。超大手のメーカーを紹介します!

  • LIXIL
  • YKKAP
  • 三協アルミ

それぞれ、玄関ドアや窓や住宅建材メーカーさんで日本国内でも有数の売上規模を誇るメーカーさんです。

それぞれ一言で表すとこんな感じ

非常に合理的で、スタイリッシュで、合わせやすい、LIXILさん

検討から絶対に外してはいけない「リクシル製カーポート」を徹底レビューこの記事では、カーポートの検討始めたばかりの初心者さんに向けて絶対に外してはいけないリクシル製カーポートを解説します。いわゆるオーソドックスなカーポートはどのような商品か、自宅に合うカーポートはどれか、このようなお悩みを解決!カーポートについてよく知らないという初心者さんこそみてください!...

≫LIXILのカーポートのレビュー記事を見る

重厚&ベーシックで、飽きのこないデザインが多い、YKKAPさん

≫(公式サイト)YKKAPのカーポート商品を見る

堅牢性とオシャレを併せ持つ、個性的な商品が多い、三協アルミさん

三協アルミ製カーポート【まとめ】の評判・レビュー
三協アルミカーポートを一挙紹介!本当におトクすぎる選び方を徹底比較この記事では、三協アルミさんから販売されているカーポートの特徴や想定価格を紹介します。オーソドックスなよく選ばれるカーポートから、オシャレで性能も優れた商品まで19商品を一挙にご紹介!あなたのご自宅に似合うカーポートもきっと見つかるでしょう。...

≫(公式サイト)三協アルミのカーポート商品を見る

あくまでボクの主観だけどね!

その他、メーカーでは書けないようなカーポートごとにレビューしているページがあるので、見比べてみると自宅にマッチした商品を2~3個まで絞れると思います!

≫カーポートをメーカー商品のレビューを見る

カーポートの相場価格を知りたい、予算感がわからない

ご主人
ご主人
業者さんの言い値になんかなりたくない!
ソラ
ソラ
まぁまぁ落ち着いて…気持ちはわかります。

価格が安いのか、高いのか、妥当なのか。

正直、判断がつきにくいところだと思います。

ざっくりとした1台用のカーポートであれば、

  • 1台用の安いカーポート:10万円~12万円前後
  • 1台用の標準グレード:15万円~20万円
  • 積雪対応しているカーポート:30万円~40万円
  • 1台用おしゃれなカーポート:20万円~50万円

ここから大きく外れていなければ、相場価格帯になります。

奥さん
奥さん
げげ、それでも高い…

という人は、商品代の予算削減・値引きはちょっと難しいんですが、DIYにチャレンジすることで、施工費を削減することができますよ。

究極の予算削減術のDIYにチャレンジ!

よく、カーポートは大きなプラモデルって言われてます。

工業製品なので、組み立てがしやすいような構造と工夫が施されて居ます。

なので、組立説明書を見れば、誰でも組み立てられるようになっています。

が、

  • 2m以上の大型脚立
  • コンクリートの基礎を作るための道具
  • 柱穴を空ける工具
  • インパクトドライバー
  • アルミを加工するための丸のこ 

など・・・の工具・資材が大量に必要です。

カーポートのために工具を揃えるとなると、工事代以上に高くなってしまうので全くオススメはしません。

既に、工具や道具が揃っているのであれば、チャレンジしてみる価値はあるかもです!

≫自分で組み立てDIYでカーポートを作る

最安値価格のカーポートを探す

それでも、高い…底値のカーポート、最安値のカーポートって何?

奥さん
奥さん
あ、それ!私も気なる、見てみたい!
ご主人
ご主人
そうそう、お金は大事だし!

最安値のカーポートを狙うなら、ホームセンターオリジナルカーポートは外せないですよ。

オリジナルのカーポートは、サイズや色が限定されていて大量販売していることもあり、やっすいです。

ソラ
ソラ
安いものにはウラがある…へへへ。

実は、ホームセンターオリジナルカーポートには裏話があります。

詳しくは以下のページで解説してますので、気になる方はぜひご参照ください。

最安値を狙いたい?ホームセンターのカーポートは外せませんよ!【裏話アリ】カーポートを安く買いたいけど、失敗もしたくないというあなた!気持ちはとてもわかります。誰しもが、安くて良いものを手に入れたいでしょう。そこで、ホームセンターのカーポートに関して徹底調査しました!底値を狙うなら外せないカーポートですが、実は裏側がありますので、その部分を紹介します。...

一生に一度の買い物なので、失敗せずにかしこく買いたい!

最後は、性能部分ですね。

カーポートは屋外に置いているものになるので、直射日光・風や雪などの影響をモロに受けます。

ご主人
ご主人
せっかく買ったのに壊れちゃったらイヤだぁー

そうならないために、自分の住んでいるエリアに適している耐風圧強度・積雪強度の商品を選ぶ必要があります。

必要な強度や考え方については、詳しくはコチラを参照してみてください!

割れ・カケの屋根材、やめておいたほうが良い
【保存版】台風に負けないカーポートを選ぶために知っておくべきこと 過去に、台風被害を受けたという方は特に心配ですね。 同じ被害を繰り返さないためにも、強いカーポートが欲しい!と思う...

≫強風・台風に強いカーポートを探す

≫積雪に対応しているカーポートを探す

カーポートのメリット・デメリットをおさらい

ソラ
ソラ
そもそも、カーポートを建てる目的って何ですか?
ご主人
ご主人
え・・・? 

カーポートは、メリットだけじゃないです。

デメリットもあります。

大事なお金を使って買うなら、失敗しないように、メリットもデメリットも両方考えてから買うようにしてくださいね!

カーポートのメリット
  • 1.雨の日に濡れずに乗り降りが可能
  • 2.鳥の糞・突然の雹から車を守る
  • 3.雨や日光から守り、洗車頻度が激減する
  • 4.日光直射をカット!車内温度上昇を抑制
  • 5.霜が降りなくなり、朝の雪下ろしも省ける
カーポートのデメリット
  • 1.柱が邪魔になってしまう
  • 2.屋根ができると圧迫感ができる
  • 3.暗くなってしまう
  • 4.台風の時に対策が必要になる

コレをみて、自分の駐車場を見て、生活スタイルを考えて、それでもやっぱり欲しい!というのであれば間違いないです。

大丈夫です。

どうですか?自分の駐車場を思い浮かべながら、想像してみてください。

ご主人
ご主人
うん、大丈夫。デメリットも覚悟できる!
ソラ
ソラ
おお、それなら大丈夫です。ご主人さま 

そして、購入するときは気をつけてもらいたいポイント・必勝法があります!

カーポートを建てて後悔!「実は、いらなかったじゃん…」と思う前に読んでほしい!カーポートを付けようか悩んでいる方、必見です!先人の失敗をみて、あなたの自宅にカーポートが本当に必要なのか考えてみませんか?先人の過去の失敗したや体験談は参考になります。カーポートを売っている人は、なにかに理由を付けて買ってもらおうとしますが、この記事ではみんなのお悩みに対して、本音で答えます。...

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫リショップナビ公式サイトを見る

一生のうちに、カーポートの購入は、2回も3回も経験しません。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、カーポートを購入するために必要なことがあります。

それは、カーポートの施工業者選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼することです。

私は、相見積もりを取ることを強くオススメしています。

しかし、、、たかが、同じカーポートで複数業者さんと何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、カーポートのプロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入ります。

同じ要望をだしても違う商品・提案がもらえて、多角的に検討ができるようになり、実は、カーポートの購入で失敗する可能性がドンドン低くなります。

情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介した、リショップナビさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

その反面、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

さらに、専任のコンシェルジュさんがついて、質問・疑問を受付てくれたり、見積もり相談が可能です。

えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけで、あっという間のたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要であるカーポートにするかの検討&底値を狙う価格の交渉に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになります。

そうすることで成功に近づき、カーポートの購入で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

奥さん
奥さん
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安

ソラ
ソラ
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(↑の文言はコピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「カーポートの価格がウン万円単位で安くなる」ことです。

業者さんによって、カーポートの割引率・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんではまったく同じカーポートが55%OFFで販売されていた!(しかも工事費は変わらず・・・

ご主人
ご主人
え?!特売のチラシを見てと買った商品よりも3万円も安い・・・

奥さん
奥さん
知らない間に3万円も損していた・・・ってこと? 

ソラ
ソラ
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートは他のエクステリア商品に比べ、大型のため、5%の差でも金額にすると2万円~3万円、ポンッと変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うカーポートの値段が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、問い合わせをするだけでカーポートがウン万円が安くなることがよくあります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

業者さんによってオススメするメーカー・カーポートが異なるかもしれませんが、カーポート工事には絶対的な正解はありません。

私は、カーポートの値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫リショップナビ公式サイトを見る

最後までご覧いただきまして有難うございました!