メーカーから選ぶ

検討から絶対に外してはいけない「リクシル製カーポート」を徹底レビュー

ご主人
ご主人
さて、そろそろカーポートのことも考えていこうか!
奥さん
奥さん
そうね、雨の日もラクに乗り降りできるように駐車場に屋根を付けておきたいわ!

この記事では、カーポートの検討始めたばかりの初心者さんに向けて絶対に外してはいけないリクシル製カーポートを解説します。

  • いわゆるオーソドックスなカーポートはどのような商品か
  • 自宅に合うカーポートはどれか

このようなお悩みを解決!

ソラ
ソラ
カーポートについてよく知らないという初心者さんこそみてください!

たくさんあるカーポートの中から、自分に合う商品をいくつかピックアップしておくことで効率的に選択ができます。

より失敗の少ないカーポートを選ぶためにも、まずお勉強をしておきましょう!

見たい場所へジャンプ

絶対に検討から外してはいけないリクシル製カーポート

カーポートの3大メーカーはこちら。

  • リクシル
  • YKKAP
  • 三協アルミ

中でもリクシルは、カーポートメーカーとしては最大手。

全体のうち約4割のシェアを持っています。

ソラ
ソラ
クルマで言うトヨタみたいな存在!

車を買う時に、まずトヨタの車など有名メーカーから見て検討を始めませんか?

カーポートも同じく、リクシルを検討せずにカーポートを検討することは逆に不可能!

ソラ
ソラ
今日は、そのリクシルさんが作っているカーポートをぜんぶ紹介します!

リクシル製カーポート「カーポートSC」の評判・レビュー

カーポートSCは、見た目がスタイリッシュなアルミ製屋根の特殊なカーポート。

見た目の良いスタイリッシュなカーポートというのはモダンな住宅、キューブタイプの住宅には最適です。

流行りのデザインですよ!

オプションでダウンライトを付けると、夜の照明がとても素敵!

圧迫感はあまりありませんが、商品の存在感があります!

 カーポートっぽさがなく、おしゃれさが目立つ!

カーポートSC1台用の施工例と実売価格

カーポートSC1台用の施工例と実売価格

カーポートSC1台用
標準柱:2200mm
5000mm×3022mm
ブラック×ナチュラルシルバーF
定価:534,700円
想定実売価:41.5万円
※工事費・消費税込み

屋根は透明なポリカーボネートではなく、アルミ製。

ですから光が入らないのが特徴です。

真夏でも車内が暑くなりにくいのが嬉しいですね。

逆に言うと、暗くなるのでリビング前などの設置はおすすめしません。

北側の駐車場や暗くなっても大丈夫な場所に設置しましょう!

カーポートSC1台用 木目調の施工例と実売価格

カーポートSC1台用木目調
標準柱:2200mm
5000mm×3022mm
ブラック×チェーリウッド
定価:732,400円
想定実売価:54.5万円
※工事費・消費税込み

木目調のタイプもあります。

屋根の厚みは約40mmと薄いですが、強度は抜群。

一般的なカーポートの耐風圧強度は38m/sですが、カーポートSCは42m/sと高水準です。

耐風圧強度42m/sを超えると、風に強いカーポートとしてアピールされて販売されます。

台風にも耐えられる強度と、美しさを兼ね揃えたカーポートなのです。

カーポートSCワイド2台用木目調の施工例と実売価格

カーポートSCワイド2台用木目調の施工例と実売価格

カーポートSCワイド2台用木目調
標準柱:2200mm
5000mm×5404mm
ブラック×クリエモカ
定価:1,405,600円
想定実売価:104.9万円
※工事費・消費税込み

カーポートSCは2台用もあります。

カーポートの仕上がりとしては、屋根や柱にビスが見えない・加工跡が見えない設計。

ノイズレス設計とも言います。

このノイズレス設計のおかげで美しさが際立っているのです。

また、雨樋がない、雨樋も内蔵されている設計でムダがなく綺麗な仕上がりに。

カーポートSCワイド2台用積雪50cmの施工例と実売価格

カーポートSCワイド2台用積雪50cmの施工例と実売価格

カーポートSCワイド2台用積雪50cm
標準柱:2200mm
5000mm×5458mm
ナチュラルシルバーF×ナチュラルシルバーF
定価:1,343,000円
想定実売価:104.1万円
※工事費・消費税込み

積雪50cmまで対応した強度が高いタイプもあります。

スタイリッシュながら強度はあり、多彩な場所へ設置が可能。

ソラ
ソラ
積雪50cm以下の地域なら全国どこでも設置可能ですよ。

リクシル製カーポート「フーゴ」の評判・レビュー

フーゴは、ザ・オーソドックスなカーポート!

日本で一番売れているカーポートですよ。

いま、周辺のカーポートを見渡してみてください。

フーゴのようなカーポートが多いんじゃないでしょうか?

ソラ
ソラ
実際に施工された方のレビューを見てみましょう。

フーゴR 1台用の施工例と実売価格

フーゴR 1台用の施工例と実売価格

フーゴR 1台用
標準柱:2200mm
4980mm×2701mm
ナチュラルシルバーF×クリアマット
定価:272,300円
想定実売価:18.2万円
※工事費・消費税込み

はい、こんな感じ。

1台用で約18万円。

よくみるカーポートですよね。

扱いやすく、違和感もないです。

フーゴF 1台用 逆勾配の施工例と実売価格

フーゴF 1台用 逆勾配の施工例と実売価格

フーゴF1台用逆勾配
標準柱:2200mm
5028mm×2692mm
シャイングレー×クリアマット
定価:329,500円
想定実売価:22万円
※工事費・消費税込み

特殊なタイプとして、普通のカーポートは屋根の傾きが違う逆勾配タイプがあります。

通常のカーポートは、柱から屋根先に向かって高くなりますが、逆勾配タイプは屋根先に向かって低くなります。

  • お隣さんに雨の跳ね返りが無いようにしたい
  • 道路に平行に駐車したい

こういった場合には逆勾配タイプが使えます。

フーゴF 2台用の施工例と実売価格

フーゴF 2台用の施工例と実売価格

フーゴF2台用
標準柱:2200mm
5002mm×5417mm
シャイングレー×クリアマット
定価:626,700円
想定実売価:41.7万円
※工事費・消費税込み

フーゴのフラットなタイプをフーゴFと言います。

スタイリッシュでモダンな住宅にマッチするデザイン。

フーゴは耐風圧強度42m/sで、いわゆる高強度タイプです。

フーゴR 1台用 袖壁の施工例と実売価格

フーゴR 1台用 袖壁の施工例と実売価格

フーゴR1台用袖壁
標準柱:2200mm
4980mm×2701mm
シャイングレー×クリアマット
定価:337,000円
想定実売価:22.4万円
※工事費・消費税込み

袖壁と呼ばれる、屋根がちょっと伸びたタイプ。

袖壁の高さは50cmです。

カーポートのサイドパネルをつけるよりも安く仕上がります。

見た目もスタイリッシュですよ。

もしサイドパネルを検討しているのであれば、袖壁もチェックしてみましょう。

フーゴR 1台用 積雪50cmの施工例と実売価格

フーゴR 1台用 積雪50cmの施工例と実売価格

フーゴR1台用積雪50cm
標準柱:2200mm
4980mm×2701mm
シャイングレー×クリアマット
定価:464,800円
想定実売価:31万円
※工事費・消費税込み

フーゴR積雪50cm対応になると、柱が3本になってパワーアップ!

積雪50cmまで耐えられます。

積雪100cmとなると片流れタイプでは対応できません。

リクシル製カーポート「カーポートSW」の評判・レビュー

リクシル製カーポート「カーポートSW」の評判・レビュー

折板(せっぱん)と呼ばれる鋼鉄の屋根を使っています。

耐風圧強度46m/sと強度が最強クラス。

このタイプは、台風・大雪・その他天災でも壊れたことはありません。

https://twitter.com/lebois_garden/statuses/1321084806210428934

 

カーポートSW 1台用の施工例と実売価格

カーポートSW 1台用の施工例と実売価格

カーポートSW1台用
ロング柱:2500mm
5453mm×3084mm
シャイングレー×スチール折板
定価:299,900円
想定実売価:28万円
※工事費・消費税込み

鋼鉄を使っているので重厚感がすごい。

反面、安心感もすごい!

しかし、屋根が光を通さないので設置場所には注意してください。

暗くなっては困る場所の前には設置してはいけません。

カーポートSW 2台用の施工例と実売価格

カーポートSW 2台用の施工例と実売価格

カーポートSW2台用
ロング柱:2500mm
5453mm×5484mm
シャイングレークリエモカ×スチール折板
定価:676,720円
想定実売価:61.6万円
※工事費・消費税込み

サイズが大きい分、圧迫感や威圧感を感じやすいのも正直なところです。

圧迫感や威圧感が気になる場合は、オプションの木調のフレームを使うと良いですよ。

またバルコニーや建物に、木調のフレームなどアクセントを入れている場合は、統一感を出すことができます。

カーポートSW 3台用の施工例と実売価格

カーポートSW 3台用の施工例と実売価格

カーポートSW3台用
ロング柱:2500mm
5453mm×7884mm
ナチュラルシルバーF×スチール折板
定価:970,400円
想定実売価:89.2万円
※工事費・消費税込み

「SW」は、何かの略なのかとコールセンターに問い合わせてみました。

結果、なんの略でもなく商品名とのことw

Strong Wind とおぼえてもらえるとわかりやすいですね。

3台用になると価格はグンと上がります。

リクシル製カーポート「カーポートST」の評判・レビュー

リクシル製カーポート「カーポートST」の評判・レビュー

先程の「カーポートSW」に、更に積雪性能をプラスしたカーポート。

「ST」はStrong&ToughとおぼえてもらえるとOK!

折板屋根は台風にも雪にも非常に強いので、安心して使えます。

https://twitter.com/sonnet_velsatis/status/1090950835004002304

カーポートST 1台用 積雪100cmの施工例と実売価格

カーポートST 1台用 積雪100cmの施工例と実売価格

カーポートST1台用積雪100cm
ロング柱:2500mm
5453mm×3084mm
シャイングレー×スチール折板
定価:331,000円
想定実売価:30.3万円
※工事費・消費税込み

実はあまりSWと価格が変わらなかったりします。

どちらにするか微妙なときは、STにグレードアップがおすすめ。

積雪80cmが予測される地域では、STを選びましょう。

カーポートST 2台用積雪100cm 間口延長の施工例と実売価格

カーポートST 2台用積雪100cm 間口延長の施工例と実売価格

カーポートST2台用積雪100cm間口延長
ロング柱:2500mm
5453mm×7284mm
シャイングレー×スチール折板
定価:902,400円
想定実売価:66.2万円
※工事費・消費税込み

積雪100cmのちょっと特殊な屋根が伸びたタイプ。

延長された間口部分は、約180cm。

  • 駐輪場
  • 来客用駐車場
  • アプローチ屋根

こういった使い方ができますよ。

カーポートST 3台用 積雪100cmの施工例と実売価格

カーポートST 3台用 積雪100cmの施工例と実売価格

カーポートST3台用積雪100cm
ロング柱:2500mm
5453mm×7884mm
ブラック×スチール折板
定価:1,617,800円
想定実売価:135.5万円
※工事費・消費税込み

3台用までの大きさになるとかなり余裕があり、ゆったり使えます。

設置状況に合わせて選んでくださいね。

リクシル製カーポート「ソルディーポート」の評判・レビュー

リクシル製カーポート「ソルディーポート」の評判・レビュー

先程のカーポートSWやカーポートSTでは屋根の下が暗くなりました。

しかし、ソルディポートは台風や積雪に対応しつつも、屋根の下が暗くならないポリカーボネートの透明屋根を使っています。

ソラ
ソラ
カーポートSWやカーポートSTの上位互換版!

ソルディポート1台用 積雪50cmの施工例と実売価格

ソルディポート1台用 積雪50cmの施工例と実売価格

ソルディポート1台用積雪50cm
ロング柱:2500mm
5009mm×2989mm
シャイングレー×クリアブルー
定価:508,300円
想定実売価:39.1万円
※工事費・消費税込み

積雪性能は、

  • 50cm
  • 100cm
  • 150cm

この3つから選べます。

耐風圧性能46m/sで、カーポートSWやカーポートSTと同じ耐風圧性能があります。

屋根の骨組みが多く、屋根の上に積もった雪が落雪しないよう防止する落雪防止機能もあり。

  • 積雪性能
  • 耐風圧性能

どちらも最高クラスの強度を誇るカーポートです。

ソルディポート2台用 積雪100cmの施工例と実売価格

ソルディポート2台用 積雪100cmの施工例と実売価格

ソルディポート2台用積雪100cm
ロング柱:2500mm
5009mm×5349mm
シャイングレー×クリアブルー
定価:878,100円
想定実売価:67.6万円
※工事費・消費税込み

屋根材がポリカーボネートのため、リビング前でも暗くなりません。

先ほどの積雪50cmタイプに比べると、積雪100cmタイプの方が割高になります。

ソルディポート3台用 積雪50cmの施工例と実売価格

ソルディポート3台用 積雪50cmの施工例と実売価格

ソルディポート3台用積雪50cm
ロング柱:2500mm
5009mm×7709mm
シャイングレー×クリアブルー
定価:1,633,300円
想定実売価:125.8万円
※工事費・消費税込み

折板屋根のカーポートに比べて、1.3倍~1.5倍の価格差になります。

両者とも積雪性能・耐風圧性能は同じです。

強度は同じでも、光りを通すというだけで1.3倍~1.5倍の価格差。

この差をどう感じるかで商品を選択しましょう。

リクシル製カーポート「ネスカ」の評判・レビュー

リクシル製カーポート「ネスカ」の評判・レビュー

ネスカはスタンダードなカーポート。

フーゴと見た目は同じです。

似てるじゃなくて同じ

寸法も一緒なので、見ただけで区別はつきません。

ネスカは耐風圧強度38m/sと、一般的な住宅街向け。

さらに積雪強度20cmと、全国広いエリアに対応ができます。

  • フーゴは耐風圧強度42m/s
  • ネスカは耐風圧強度38m/s

10%ほど差があります。

ネスカもコスパが良く、売れている商品!

ネスカR 1台用の施工例と実売価格

ネスカR 1台用の施工例と実売価格

ネスカR1台用
4980mm×2701mm
ロング柱:2500mm
シャイングレー×クリアマット
定価:254,000円
想定実売価:16.8万円
※工事費・消費税込み

ネスカは街中でも一番見かけるタイプのカーポート。

コストパフォマンスもよく売れています。

ネスカR 2台用の施工例と実売価格

ネスカR 2台用の施工例と実売価格

ネスカR2台用
4980mm×5442mm
ロング柱:2500mm
シャイングレー×クリアマット
定価:493,200円
想定実売価:32.6万円
※工事費・消費税込み

真ん中が高いので圧迫感が少ないネスカF。

アーチの形状は和風でも洋風でもあわせやすいのが人気の理由です。

ネスカF 1台用の施工例と実売価格

ネスカF 1台用の施工例と実売価格

ネスカF1台用
5028mm×2692mm
ロング柱:2500mm
シャイングレー×クリアマット
定価:252,000円
想定実売価:16.7万円
※工事費・消費税込み

1台用のネスカはアールよりFの方が若干安いです。

誤差の範囲ぐらいなので好みで選んでOK!

モダンな住宅が増えているので、最近はフラットタイプのカーポートもよく選ばれます。

ネスカF 2台用の施工例と実売価格

ネスカF 2台用の施工例と実売価格

ネスカF2台用
5002mm×5417mm
ロング柱:2500mm
シャイングレー×クリアマット
定価:628000円
想定実売価:41.4万円
※工事費・消費税込み

フラットな屋根が美しい、スタイリシュ系。

2台用の同じサイズならフラット屋根よりも、アール屋根のほうが1割ぐらい安く買えます。

性能は同じですが、力学的な問題でアールの方が材料が少なくて済むからです。

リクシル製カーポート「アーキフィールド」の評判・レビュー

リクシル製カーポート「アーキフィールド」の評判・レビュー

アーキフィールドは高級感のあるカーポート。

リクシルの中でも価格は高く、販売量は少ない商品です。

これまでに紹介したカーポートとはグレードが違います。

ソラ
ソラ
見た目がキレイなアーキフィールドは、車を1台買えるほどの価格。

アーキフィールド1台用の施工例と実売価格

アーキフィールド1台用の施工例と実売価格

アーキフィールド1台用
ロング柱:2526mm
ナチュラルシルバー×クリアマット
定価:877,900円
想定実売価:70,5万円
※工事費・消費税込み

1台用の価格は70.5万円ほど。

価格は高いですが、パネルも美しく仕上がります。

アーキフィールド2台用の施工例と実売価格

アーキフィールド2台用の施工例と実売価格

アーキフィールド2台用
ロング柱:2526mm
ナチュラルシルバー×セブラ貼り
定価:1,863,500円
想定実売価:149.6万円
※工事費・消費税込み

ポリカーボネートの屋根と木目調の板を組み合わせた模様をゼブラと呼んでいます。

採光性と遮光性を両方実現できるうえに見た目も良い。

こういったデザインも選択できますよ。

アーキフィールド3台用+オプションの施工例と実売価格

アーキフィールド3台用+オプションの施工例と実売価格

アーキフィールド3台用+オプション
ロング柱:2526mm
ナチュラルシルバー×セブラ貼り
定価:3,784,400円
想定実売価:303.9万円
※工事費・消費税込み

圧倒的な存在感のあるアプローチ&カーポート。

3台用になると価格もグンと上がります。

ビスなどが見えないノイズレス設計はもちろん、サイドパネルが柱の内側に付く特殊なタイプ。

まるで建物かのような建築美を感じられます。

リクシル製カーポート「アーキフラン」の評判・レビュー

リクシル製カーポート「アーキフラン」の評判・レビュー

見たらわかる通り、特殊な形状をしています。

通常のカーポートは4隅に柱がありますが、アーキフランは後ろのみ。

前に柱がないということは前面のスペースが広く、車の出し入れがスムーズになります。

カーポートを付けると駐車スペースが狭くなり、柱にぶつけないか心配という方もいるでしょう。

ソラ
ソラ
敷地に制限がある場所にも適しています。

アーキフラン1台用の施工例と実売価格

アーキフラン1台用の施工例と実売価格

アーキフラン1台用
5031mm×2,707mm
ロング柱:2340mm
ナチュラルシルバーF&クリエダーク×クリアマット
定価:484,400円
想定実売価:44.4万円
※工事費・消費税込み

 

アーキフラン2台用の施工例と実売価格

アーキフラン2台用の施工例と実売価格

アーキフラン2台用
5031mm×5143mm
ロング柱:2340mm
シャイングレー&クリエモカ×クリアマット
定価:969,000円
想定実売価:84.3万円
※工事費・消費税込み

前面が広い分、オープン外構や角地に適しています。

大きな屋根を2本柱で支えるということで、正直、台風や積雪の際には少し心配です…。

着脱ができるサポート柱をオプションで付けられるので、採用して備えてくださいね。

ソラ
ソラ
サポート柱は強くオススメします!

リクシルカーポートまとめ

いかがでしたでしょうか。

ソラ
ソラ
はぁはぁ、全部レビューするのも大変だった・・・

もちろん、ご覧頂いた読者様も大変だったと思います・・・

カーポートと一口にいっても、これだけたくさんの種類があります。

より失敗の少ないカーポートを選ぶためにも、目星を付けて、業者さんと打ち合わせすることをおすすめします。

ただ、まったく同じカーポートでも業者さんによって販売価格・割引率が違うこともあるので、ぜひ安く&安心しておまかせできる業者さんを探してみてください。

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫リショップナビ公式サイトを見る

一生のうちに、カーポートの購入は、2回も3回も経験しません。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、カーポートを購入するために必要なことがあります。

それは、カーポートの施工業者選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼することです。

私は、相見積もりを取ることを強くオススメしています。

しかし、、、たかが、同じカーポートで複数業者さんと何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、カーポートのプロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入ります。

同じ要望をだしても違う商品・提案がもらえて、多角的に検討ができるようになり、実は、カーポートの購入で失敗する可能性がドンドン低くなります。

情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介した、リショップナビさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

その反面、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

さらに、専任のコンシェルジュさんがついて、質問・疑問を受付てくれたり、見積もり相談が可能です。

えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけで、あっという間のたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要であるカーポートにするかの検討&底値を狙う価格の交渉に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになります。

そうすることで成功に近づき、カーポートの購入で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

奥さん
奥さん
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安

ソラ
ソラ
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(↑の文言はコピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「カーポートの価格がウン万円単位で安くなる」ことです。

業者さんによって、カーポートの割引率・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんではまったく同じカーポートが55%OFFで販売されていた!(しかも工事費は変わらず・・・

ご主人
ご主人
え?!特売のチラシを見てと買った商品よりも3万円も安い・・・

奥さん
奥さん
知らない間に3万円も損していた・・・ってこと? 

ソラ
ソラ
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートは他のエクステリア商品に比べ、大型のため、5%の差でも金額にすると2万円~3万円、ポンッと変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うカーポートの値段が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、問い合わせをするだけでカーポートがウン万円が安くなることがよくあります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

業者さんによってオススメするメーカー・カーポートが異なるかもしれませんが、カーポート工事には絶対的な正解はありません。

私は、カーポートの値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫リショップナビ公式サイトを見る

最後までご覧いただきまして有難うございました!

賢い人は知っている!見積もりは、比較して決める!

賢く!お得にカーポートを購入するために、必須です!

カーポートを検討すること、ましてはカーポートを購入する決断は、初めての方ばかりです。

人生の中でも、複数回あれば、経験値も相場も習得できますが、そうはいかないことばかり…

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くカーポートの最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

カーポートの見積もりは何度でも無料です!

では、ないでしょうか?

カーポート選び、発注業者で悩んでいる方へ相見積もりを強くおすすめします。

複数社に駐車場を見てもらい、多角的に見積もりをもらうことで失敗してしまうリスクを減らしながら、大きく見積金額ダウンも期待できます。

さらに、タウンライフリフォームさんに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも、外構業者さんには内緒です!)

特筆したいポイントとして、≫タウンライフリフォームさんは自分でフォームを入力すると、相談するを会社と数を指名して相談できるのが、特徴です。

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る