メリット&デメリット

カーポートを建てて後悔!「実は、いらなかったじゃん…」と思う前に読んでほしい!

ご主人
ご主人
この前外構工事した先輩と話してたら、カーポートいらなかったって後悔しててさ…。
奥さん
奥さん
へぇ!どうしていらなかったんだろ?

カーポートを付けようか悩んでいる方、必見です!

先人の失敗をみて、あなたの自宅にカーポートが本当に必要なのか考えてみませんか?

見たい場所へジャンプ

カーポートを建てて後悔!「実は、いらなかったじゃん…」

先人の過去の失敗したや体験談は参考になります。

ご主人
ご主人
決して高くないカーポートだから、買うなら失敗したくないし、買わないなら買わない理由を知りたい!
奥さん
奥さん
そうそう、カーポートって家の次ぐらいに大きな買い物になるから、絶対に失敗したくないのよ!

カーポートを売っている人は、なにかに理由を付けて買ってもらおうとします。

まぁ、商売ですから当たりまえですよね。

ソラ
ソラ
でも、ボクはみんなのお悩みに対して、本音で答えるネ。

カーポートを建てる目的・メリットを整理します!

ご主人
ご主人
カーポートのメリット・デメリットって考えないといけないの?
奥さん
奥さん
ちょっとあなた!せっかくお金を出して買うんだからちゃんと考えてよ!

カーポートは何のために付けるでしょう?

じっくり考えたことはありますか?

ソラ
ソラ
目的やメリットを整理して、失敗しないコツを抑えておきましょう!

メリット・目的【1】車の乗り降りで雨に濡れたくない

メリット・目的【1】車の乗り降りで雨に濡れたくない

カーポートを付けることで、雨の日の車の乗り降りがラクになります。

傘をささなくても濡れませんから、小さなお子さんがいる家庭や買い物の帰りなど、屋根があると便利です。

家とカーポートが近ければ、雨の日も濡れずに家に帰れるというメリットがあります。

メリット・目的【2】車をなるべく汚したくない

メリット・目的【2】車をなるべく汚したくない

カーポートの屋根ができることで、紫外線が当たりにくくなります。

  • ワックスの持ちが良くなる
  • 雨での汚れなどが付きにくい

雨が降ると空気中の汚れなどを吸い取って車に付着します。

乾くと汚れだけが残るので、雨に濡れない=車が汚れにくいのです。

メリット・目的【3】車をすぐに使いたい・雪や霜から守りたい

メリット・目的【3】車をすぐに使いたい・雪や霜から守りたい

カーポートがあることで、車を霜や雪から守ることができます。

霜が下りる日も、カーポートの屋根が霜を受けてくれますね。

フロントガラスに霜が下りなくなることで、朝の忙しい時間でも余裕を持って支度ができるでしょう。

さらに、カーポートの屋根があると、直射日光が当たらないので真夏の車内の温度もあがりにくくなりますよ。

夏場も冬場も、雨でも晴れでもカーポートがあると快適な空間を作ってくれるのがカーポートのメリット。

カーポートを建てて後悔した・デメリットを整理します!

ご主人
ご主人
カーポートにはメリットがたくさんあるんだね!
奥さん
奥さん
ちょっと~、デメリットも知っておこうよ!
ソラ
ソラ
そうです、カーポートはメリットだけではありません!

デメリット・後悔【1】日当たりが悪くなった

デメリット・後悔【1】日当たりが悪くなった

カーポートを設置すると屋根ができます。

この屋根は雨を防ぐだけでなく、光りも防ぐのです。

カーポートにはたくさんの種類がありますが、一番明るい屋根材を使ったとしても10%の光りはどうしてもカットされます。

10%カットされた光りというのは、窓際のレースカーテンを引いた室内の明るさほど。

もし家の前にカーポートを付けた場合、レースカーテンが二重に付いたような暗さになることを想定しなければなりません。

デメリット・後悔【2】台風の時には不安になる

デメリット・後悔【2】台風の時には不安になる

カーポートは屋外に設置するものなので、どうしても風や台風、大雪の影響を受けてしまいます。

ですから、台風によってカーポートが破損しないか不安になる日もあるでしょう。

しっかり耐風圧強度のあるカーポートを選んでいたり、サポート柱などで補強をしておくと解決できますよ!

割れ・カケの屋根材、やめておいたほうが良い
【保存版】台風に負けないカーポートを選ぶために知っておくべきこと 過去に、台風被害を受けたという方は特に心配ですね。 同じ被害を繰り返さないためにも、強いカーポートが欲しい!と思う...

デメリット・後悔【3】結局、カーポートの屋根があっても車が汚れる

デメリット・後悔【3】結局、カーポートの屋根があっても車が汚れる

カーポートで車は汚れないと前述しましたが、実際は汚れにくいだけです。

屋根があっても車は汚れます。

汚れにくくはなるものの、どうしても雨風や水が付くのでまったく汚れないというわけではないのです。

デメリット・後悔【4】カーポートのせいで、車の買い換えでサイズが制限される

デメリット・後悔【4】カーポートのせいで、車の買い換えでサイズが制限される

車の買い替えのみならず、来客の際にもカーポートが邪魔になることもあります。

駐車場スペースやカーポートのサイズをしっかり考えていれば防げるデメリットです。

ただ、敷地状況やサイズによって車の制限をかけてしまうケースがあるということも考えられます。

デメリット・後悔【5】カーポートと住宅の外観と合っていない

デメリット・後悔【5】カーポートと住宅の外観と合っていない

注文住宅で家を建てた場合、家の外観にかなりこだわるでしょう。

そこにカーポートをドーンッとおいてしまうと、せっかくこだわったマイホームの外観が台無し…。

そうならない為にも、カーポートを付けないという方もいらっしゃいます。

カーポートの必要性についてTwitterでの投票結果

カーポートの必要性について、Twitterでアンケートを取られている方がいました。

カーポートは必要&賛成派意見

https://twitter.com/mameonojutaku/status/1308561620952465408?s=20

雪の降るエリアについては、カーポートが必要と思っている人が多いようですね!

また、フロントガラスに霜が付くことを嫌う方がカーポートを欲しがる傾向があると思います。

カーポートは、不必要&反対派意見

https://twitter.com/mizuka_chang/status/1306893411568381952?s=20

都心に行けばいくほど、

  • 敷地に余裕がない
  • ビルトインガレージ
  • そもそも車を所有していない

という傾向にあります。

賛成、反対の意見としては地域差もありますね。

ご主人
ご主人
みんな僕たちと同じように悩んでいるんだね。

【番外編】雪の重みで折れて潰れて隣の車2台廃車になったから恐くて置けない

https://twitter.com/metalbaka666/status/1348097098135207938

奥さん
奥さん
大変だぁ!!
ソラ
ソラ
しっかりと必要な積雪強度のカーポートを選んでいれば防げた事例です。

過去の積雪量を調べて、必要な強度のカーポートを選ぶとこういった倒壊は防げます。

詳しい積雪強度の選び方はウチのカーポートには積雪はどれぐらい必要?その調べ方と選ぶのは○○がベストです!で解説しています。

ウチのカーポートには積雪はどれぐらい必要?
ウチのカーポートには積雪はどれぐらい必要?その調べ方と選ぶのは○○がベストです!カーポートを選ぶ際に必ず出てくる、積雪強度。ご自宅に必要な積雪強度の調べ方を紹介します。また、どの商品がベストかもわかりますよ!「積雪対応のカーポートは高いからやめておこう」なんてのは大間違い!ちゃんと自宅の地域に適したカーポートなのか調べる必要があります!...

作っても無駄になる可能性が高いのは「ソーラーカーポート」

作っても無駄になる可能性が高いのは「ソーラーカーポート」

ソーラーカーポートの営業担当はベストシミュレーションで「何年で元が取れます」と言ってきます。

しかし、万一の故障・保守メンテナンスなどは考慮しておらず、最低限の維持費で想定されていることが多いので要注意!

ソーラーは、鳥の糞などで汚れると取り入れる光りの量が減ってしまいます。

家の屋根に付けるソーラーパネルと違い、カーポートはかなり低い位置にあります。

隣家や電柱の陰になる可能性もあり、発電効率が低くなることも。

ソーラーパネルは全体の面積の1/10が影になるだけで発電効率が半分まで落ちるという特性があります。

維持メンテナンスも必要になるので、営業担当者さんの営業トークを鵜呑みにするとリスクが高くて危険。

ご主人
ご主人
「環境のためにソーラーを付けたい」と言う意見も聞いたことあるなぁ。
ソラ
ソラ
 それなら、そもそもクルマを乗らない・持たないほうが環境に良いですよ!
奥さん
奥さん
確かに…!

そもそも、カーポートがいらないケースとは?

そもそも、カーポートがいらないケースとは?

カーポートがご自宅に必要ないケースもあります。

自宅の形状の関係で駐車スペースが限られていて、車の乗り降りに支障をきたしてしまうという場合はカーポートの設置が難しいでしょう。

特に横幅が2.5mも

となると、敷地の関係で停められない車があり、今後車の買い替えにも支障をきたすこともあるでしょう。

ソラ
ソラ
敷地条件によってカーポートがいらないこともある!

カーポートよりも宅配ボックス・目隠しフェンス重視で、普段の生活の質をあげる

カーポートよりも宅配ボックス・目隠しフェンス重視で、普段の生活の質をあげる

カーポートよりも、

  • 宅配ボックス
  • 目隠しフェンスなど

日々生活をするうえで、生活全体の質を上げられる外構エクステリアはあります。

ソラ
ソラ
車を守るよりも、安心で便利な生活を送ることを優先すべき家庭もある!

まとめ:カーポートの工事は計画的に

まとめ:カーポートの工事は計画的に

カーポートは直感で購入するべきものではありません。

アンケート結果もある通り、カーポートが必要かどうか意見は分かれてました。

その人の生活スタイル・住んでいるエリアによって必要性が変わってきます。

メリット・デメリット両方を考えて検討してみてください。

ソラ
ソラ
本当に必要なのかも含めて、じっくり考えるのが失敗しないコツ!

このサイトでは、中立的な立場からカーポート情報を紹介しています。

参考になれば幸いです!

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫リショップナビ公式サイトを見る

一生のうちに、カーポートの購入は、2回も3回も経験しません。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、カーポートを購入するために必要なことがあります。

それは、カーポートの施工業者選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼することです。

私は、相見積もりを取ることを強くオススメしています。

しかし、、、たかが、同じカーポートで複数業者さんと何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、カーポートのプロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入ります。

同じ要望をだしても違う商品・提案がもらえて、多角的に検討ができるようになり、実は、カーポートの購入で失敗する可能性がドンドン低くなります。

情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介した、リショップナビさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

その反面、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

さらに、専任のコンシェルジュさんがついて、質問・疑問を受付てくれたり、見積もり相談が可能です。

えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけで、あっという間のたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要であるカーポートにするかの検討&底値を狙う価格の交渉に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになります。

そうすることで成功に近づき、カーポートの購入で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

奥さん
奥さん
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安

ソラ
ソラ
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(↑の文言はコピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「カーポートの価格がウン万円単位で安くなる」ことです。

業者さんによって、カーポートの割引率・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんではまったく同じカーポートが55%OFFで販売されていた!(しかも工事費は変わらず・・・

ご主人
ご主人
え?!特売のチラシを見てと買った商品よりも3万円も安い・・・

奥さん
奥さん
知らない間に3万円も損していた・・・ってこと? 

ソラ
ソラ
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートは他のエクステリア商品に比べ、大型のため、5%の差でも金額にすると2万円~3万円、ポンッと変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うカーポートの値段が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、問い合わせをするだけでカーポートがウン万円が安くなることがよくあります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

業者さんによってオススメするメーカー・カーポートが異なるかもしれませんが、カーポート工事には絶対的な正解はありません。

私は、カーポートの値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫リショップナビ公式サイトを見る

最後までご覧いただきまして有難うございました!

賢い人は知っている!見積もりは、比較して決める!

賢く!お得にカーポートを購入するために、必須です!

カーポートを検討すること、ましてはカーポートを購入する決断は、初めての方ばかりです。

人生の中でも、複数回あれば、経験値も相場も習得できますが、そうはいかないことばかり…

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くカーポートの最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

カーポートの見積もりは何度でも無料です!

では、ないでしょうか?

カーポート選び、発注業者で悩んでいる方へ相見積もりを強くおすすめします。

複数社に駐車場を見てもらい、多角的に見積もりをもらうことで失敗してしまうリスクを減らしながら、大きく見積金額ダウンも期待できます。

さらに、タウンライフリフォームさんに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも、外構業者さんには内緒です!)

特筆したいポイントとして、≫タウンライフリフォームさんは自分でフォームを入力すると、相談するを会社と数を指名して相談できるのが、特徴です。

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る