積雪強度から選ぶ

【朗報】住んでいるエリアの最深積雪を調べられるサイトがある【カーポート】

【朗報】最深積雪を調べられるサイトがある
奥さん
奥さん
引っ越してきたばかりで、自宅周辺の気象情報が薄くてどう対策したらいいかわからないのよね。
ご主人
ご主人
カーポートの積雪強度もどれぐらいに対応した商品がベストなのか、調べてもピンポイントで情報が載ってない…。
奥さん
奥さん
誰に相談したらいいんだろう?

「ウチってどれぐらいの積雪を想定したらいいですか?という質問をよくあります。

ソラ
ソラ
この記事では、エリアごとの積雪深度を調べらるサイトと対策についてご紹介いたします。

カーポートは住まいの地域に適した積雪性能を選ぶ

カーポートの積雪強度は5種類に分けられます。

一般的に市販されているカーポートは5種類の強度基準で分かれています。

積雪20cm対応のカーポート

この記事では、エリアごとの積雪深度を調べらるサイトと対策についてご紹介いたします。

積雪20cm対応 YKKAP レイナポートグラン

積雪50cm対応のカーポート

積雪50cm対応のカーポート

積雪50cm対応 LIXIL テールポートシグマ1500

積雪100cm対応のカーポート

積雪100cm対応のカーポート

積雪100cm対応 YKKAP ジーポートneo

積雪150cm対応のカーポート

積雪150cm対応のカーポート

150cm対応LIXILソルディポート

積雪200cm対応のカーポート

積雪200cm対応のカーポート

積雪200cmジーポートneo

だんだんと柱の本数が多くなっているのが分かると思います。

【朗報】最深積雪を調べられるサイトがある

【朗報】最深積雪を調べられるサイトがある

【朗報】住んでいるエリアの最深積雪を調べられるサイトがある【カーポート】

気象庁が発表している過去の観測でもっとも雪が降った年月とその積雪量のデータベースを公開しています。
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/snc_rct/alltable/snc00.html

昨今の異常気象があるためアテにできないかもしれませんが、参考としては見ておいても良いかなと思います。

ですが、同じ市内でも積雪がだいぶ違うことがありますよね。

同じ市内でも山間部のところと平野部で積雪や雨量の差があります。

ソラ
ソラ
結局のところ、お隣のカーポートを参考に無事なのであれば、それを基準に考えるのも1つの手段ですね。

詳しい積雪強度は地元の業者さんに聞く必要がある

詳しい積雪強度は地元の業者さんに聞く必要がある
詳しい積雪強度は、地元の業者さんが一番詳しいです。

倒壊してしまったり、自然災害があれば真っ先に連絡が入りますし、補修対応も経験しているはずです。

その経験値からその地元で提案できる積雪強度も変わってきますので耐積雪性能は余裕をもって選びたいところですが、予算との相談でベストなラインを選びたいですよね。

結露や霜、積雪を防いで冬の朝を時短できる

カーポートが有ると便利ですよね。

冬の朝にフロントガラスが凍っていた!という経験をされた方は多いと思います。

仕事に出る時間で、急いでいるのに霜を剥がさないといけないし、暖機運転をしていたら、その分ガソリンももったいない!

カーポートのメリットの一つに、車に霜が降りるのを防ぐということがあります。

カーポートの強度や設置の相談は専門業者さんへ

カーポートの強度や設置の相談は専門業者さんへ

カーポートの設置にはエクステリア専門業者さんに相談が必要です。

積雪を気にされている場合は、お住まいの地域で設置実績を聞いてみると良いですね。

その土地での経験が長ければ、長いほど必要な仕様がわかり、聞いてみて損はないです。

もしお知り合いや地元のエクステリア専門店をご存知でない場合は、是非下記のリンクから工事店さんの検索が可能です。

お住まいの市区町村を入力するだけで、カーポート・コンクリートをはじめとする外構やお庭の相談も可能です。

外構費用の比較やデザインが比較も行えるので、ひとつの業者さんで見積もりを依頼するよりも適切なアドバイスやアイディアが複数業者さんからもらえるので失敗するリスクも軽減が可能です。

業者さんによっておすすめする内容が異なるかもしれませんが、提案内容に正解はありません。

私は、損をしないエクステリア見積もりを取るためにも、複数の専門業者さんにアドバイスを受けることをお勧めします。

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

特にカーポートは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、カーポートの知識が身についた、今です!

記憶が残っているうちに、一緒にやっておくと楽チンに終わります!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

賢い人は知っている!見積もりは、比較して決める!

賢く!お得にカーポートを購入するために、必須です!

カーポートを検討すること、ましてはカーポートを購入する決断は、初めての方ばかりです。

人生の中でも、複数回あれば、経験値も相場も習得できますが、そうはいかないことばかり…

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くカーポートの最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

カーポートの見積もりは何度でも無料です!

では、ないでしょうか?

カーポート選び、発注業者で悩んでいる方へ相見積もりを強くおすすめします。

複数社に駐車場を見てもらい、多角的に見積もりをもらうことで失敗してしまうリスクを減らしながら、大きく見積金額ダウンも期待できます。

さらに、タウンライフリフォームさんに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも、外構業者さんには内緒です!)

特筆したいポイントとして、≫タウンライフリフォームさんは自分でフォームを入力すると、相談するを会社と数を指名して相談できるのが、特徴です。

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る