価格から選ぶ

カーポートにかかる費用は?どんなタイプがあるの

ご主人
ご主人
駐車場にカーポートを設置したいんだけど、いろんな種類があってよくわからない…。
奥さん
奥さん
予算はどれぐらいを想定したらいいんだろ?
ソラ
ソラ
カーポートの設置をできるだけ安くしたいのであれば、最適なタイプを選択するのが一番安く済みますよ!

外構・エクステリアは、建物の次に高額な買い物です。

絶対に、失敗・後悔してほしくないという私の思いが伝わることを願いながら、お庭づくりで悩んでいるあなたのお役に立てると嬉しいです。

いろいろなカーポートの打ち合わせしているのを見てきているので、信頼できる内容をお届けできていると思います。

カーポートの設置費用はピンキリ。割引率も工事費もバラバラ

カーポートの設置費用はピンキリ。割引率も工事費もバラバラ

カーポートの価格は、選ぶデザインやタイプによって異なります。

一般的によく選ばれるタイプは、普通車1台あたり25万円から50万円が相場です。

なかには100万円くらいかかるものまであります。

カーポートのタイプは、大きく分けると独立型と片流れ型の2種類になります。

独立型とは、両サイドに支柱を埋め込んで全体を支えるタイプです。

車を前から見た時に、左右に柱がたって車の上に屋根があるとイメージしてください。

片流れ型は、片方の面に支柱を埋め込むタイプです。

左右ではなく右か左のどちらか片方に柱がたっている種類です。

また、独立型も片流れ型も、設置するスペースによっては、2台分や3台分などを設置する事もできます。

台風被害が心配な方は費用がかかっても両足支柱タイプを

台風被害が心配な方は費用がかかっても両足支柱タイプを

横に2台ならべて車を停めたい場合は、独立型がおすすめです。

横2台分は、片流れ型を左右から合体させた合掌型の商品があります。

通常片流れ型を、右に柱があるものと左に柱があるものを別々で設置すると、どうしても隙間ができてしまいます。

そのため、せっかく取り付けても、雨漏りの原因となってしまいます。

合掌型のような複数台分の商品は、1台分を別々に設置するよりも価格が安く設定してありお得です。

1台分をふたつ選んでしまうと割高になりますので、予算的にきびしくて今回は1台分にしようかなと迷っているかたも、将来を見据えて選ぶようにしてください。

縦に2台ならべて車を停めたい場合は、独立型・片流れ型のどちらでも施工できます。

この場合、連棟タイプという商品から選んでください。

台風や普段から風が強い地域で心配なかたは、両サイドに柱がある独立型を選んでおいた方が懸命です。片流れ型に比べると支柱の数が多くなるため価格は高くなりますが、風災害にあってから後悔することがないように検討しましょう。

柱の高さは要注意、費用が掛かっても高めがおすすめ

カーポートには、さまざまなオプションがあります。

たとえば、ハイルーフや屋根材の長さ・幅の調整です。

ハイルーフは、車高がたかい車用に支柱を長くして、車の天井がぶつからないようにするためのものです。

カタログで高さを確認していたとしても、駐車スペースの土台が斜めになっているケースのかたは、とくに注意しましょう。

車長が長かったり、車幅が広い車の方は屋根材の奥行や幅の長さを調整することもできます。

屋根の寸法が自分の車に合っているのかどうかを、よく考えて選んでみてください。

カーポートを設置した後、駐車した時に狭く感じたり、屋根の寸法が足りなかったりしたら大変です。

四駆やキャンピングカーなどの大きな車を所有しているかたはオプションを利用して後悔のないようにしましょう。

いずれにしても、設置スペースと車の長さや幅をよく計測してから、カーポートを選ぶようにすることが懸命です。

エクステリアの設置にはプロへの相談が必要です。

「エクステリア、屋根の工事をしたいけども、どこに相談したらいいかわからない」

「ホームセンターで満足な接客を受けれなかった。自分の欲しいデザインやメーカーの品、気になる商品が置いてなかった」

「ここに引っ越してきたばかりで、家の周りもよくわからないし。ヨソの人を新築したばかりの家に何度も上がってきて欲しくない。」

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

特にカーポートは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、カーポートの知識が身についた、今です!

記憶が残っているうちに、一緒にやっておくと楽チンに終わります!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

賢い人は知っている!見積もりは、比較して決める!

賢く!お得にカーポートを購入するために、必須です!

カーポートを検討すること、ましてはカーポートを購入する決断は、初めての方ばかりです。

人生の中でも、複数回あれば、経験値も相場も習得できますが、そうはいかないことばかり…

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くカーポートの最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

カーポートの見積もりは何度でも無料です!

では、ないでしょうか?

カーポート選び、発注業者で悩んでいる方へ相見積もりを強くおすすめします。

複数社に駐車場を見てもらい、多角的に見積もりをもらうことで失敗してしまうリスクを減らしながら、大きく見積金額ダウンも期待できます。

さらに、タウンライフリフォームさんに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも、外構業者さんには内緒です!)

特筆したいポイントとして、≫タウンライフリフォームさんは自分でフォームを入力すると、相談するを会社と数を指名して相談できるのが、特徴です。

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る