デザインで選ぶ

自然環境の厳しい場所にこそ、もっと太陽の恵みを。LIXIL カーポート ソルディポートの魅力

ご主人
ご主人
知ってる?カーポートの下って暗くなるんだって!
奥さん
奥さん
夜にはどうなるんだろ?

夕方洗車しててふと思ったけどカーポートの下にライト必要だ

玄関のライトの光が届くとこは明るいけど光の届かない駐車場側はすげぇ暗い😅

ご主人
ご主人
積雪対応カーポートにしたかったけど、暗くなりすぎて危なかったりして…。
ソラ
ソラ
大丈夫!明るさをあきらめない積雪対応カーポートがあります!

もう日光も、積雪も諦めないカーポートです。

従来、積雪に対応しているカーポートの屋根はスチール折版と呼ばれる薄い鋼鉄の板が使用されていました。強度と引き換えに日光を失ってしまう素材です。

最近では、技術革新も進み、自然環境に耐えられる透明なポリカーボネート素材を使用したカーポートも販売されるようになりました。

販売量も年々伸びてつつある、「LIXIL カーポート ソルディポートの魅力」についてご紹介します。

自然環境の厳しい場所にこそ、もっと太陽の恵みを。

自然環境の厳しい場所にこそ、もっと太陽の恵みを。
  • 雪に負けない。豪雪地域の冬にも対応する安心の耐雪強度
  • 光を採り込む。太陽の光を通すポリカーボネート屋根
  • 風に強い。大きな台風にも負けない丈夫な耐風圧設計

これまで多雪地域で主流だった折板屋根のカーポートでは、日差しを遮り、室内が暗くなっていました。

住宅設備最大手のLIXIL社が販売するソルディーポートは、積雪対応をしながらも透明で日差しを遮らないポリカーボネートを採用しています。

ソラ
ソラ
もう、冬の間の積雪に耐えるために、日光をあきらめる必要はなくなりました!

住宅デザインに合わせて選べる、本体と枠まわり色

住宅デザインに合わせて選べる、本体と枠まわり色

従来の積雪対応したカーポートでは、見た目がゴツゴツしていて武骨な印象は避けられませんでした。

しかし、ソルディポートは見た目は明るく、しっかりと強度を確保したうえで、重厚感を与えないデザインに仕上がっています。

トータルコーディネートLIXIL共通のラッピング形材木目色「マテリアルカラー(クリエカラー)」を枠まわりに採用して、ワンポイントアクセントが特徴的です。

他のアプローチ・フェンス・バルコニー・玄関ドアなどとカラー統一が可能で、アルミの無機質なイメージから一新され、あたたかな印象が演出できます。

ソラ
ソラ
もちろんアルミ色のスタイリッシュさも兼ね備えた上質なデザインです。

厳しい自然環境に耐えるためソルディーポートの工夫

厳しい自然環境に耐えるためソルディーポートの工夫

多雪地域や台風の多い地域にも、ポリカーボネート屋根という提案、
折板屋根と同程度の強度を、ポリカーボネートで実現した技術力が住宅設備メーカー再王手のLIXIL社の強みですね。

春先の雪解けの時には、ひかくてきフラットに近いゆるめの傾斜と屋根の標準装備の落雪防止バー材で突起で一度に雪を落ちにくくします。

バー材は屋根材の抑え材も兼用しており、耐風圧強度のUPにも貢献しています。

強さ、美しさ、どれも妥協しない「MADE BY LIXIL」こだわりが見えてきます。

ポリカーボネートの強度

ガラスの約200倍の耐衝撃強度を誇るポリカーボネート。落下物から屋根下を守ります。
屋根押えでカーポートからの落雪を防止

凍結を考慮した大口の雨樋

凍結による水のつまりや破損が起きにくいよう、直径60mmの竪樋を設定しています。(地域によりドレンエルボのキャップを外し、水抜きをしてください)
使う人に安心感を与えてくれる、力強くも軽やかなデザイン設計です。

全体的に緩やかな傾斜があるので、実はものすごい太い梁が隠れるようなデザインになっています。

フレームの屋根枠まわりや柱は、不安を感じさせない適度なボリュームに。強固な印象を残しつつ、重たくなりすぎない絶妙なバランスを実現しました。

雪が降らない季節も快適に。

雪が降らない季節も快適に。

従来の折板屋根のカーポートでは、カーポートが日差しを遮り、室内を暗くしてしまうことがほとんどでした。

しかし、採光性に優れたソルディーポートでは、リビング前に設置しても日差しを室内に採り込めます。

さまざまな条件や使い方に応える、優れたカスタマイズ性

特殊な敷地条件にも、フレキシブルに対応。

特殊な敷地条件にも、フレキシブルに対応。

雪の季節の乗り降りや導線の確保に便利な間口延長、通常の柱位置に柱を施工できない場合に便利な梁はね出し(間口柱移動)や奥行柱移動など、カースペースを有効に活用する仕様をラインアップしました。

ソルディポートの梁はね出し(間口柱移動)

梁の長さを延長して、より車を出し入れしやすくするなど、使い勝手の良い柱位置に。

通常の柱位置に柱を設置できない場合も施工可能です。

ソルディポートの奥行柱移動

柱を設置する位置に花壇などがある場合に、その場所を避けて柱を設置できます。また、柱が車のドア開閉の妨げとなる場合にも有効です。

異形敷地にもジャストフィットで対応します。カーポートを設置しにくい異形敷地もおまかせください。

屋根バリエーションは豊富

特殊コーティングで、有害な紫外線をほぼ100%カット。また、万が一火がついた際にも、火種から離れると自然に火が消える自己消火性も備えています。

新素材を加えたポリカーボネートの屋根材が、熱線(近赤外線)をカット。

暑い日の車内温度の上昇をおさえます。もちろん、ポリカーボネート板の持つ強度や紫外線をカットする性質も備えています。

使い勝手さらに良くするソルディポートのオプション

風、雪、視線をカットするサイドスクリーン

風、雪、視線をカットするサイドスクリーン

吹きつける風や雪から愛車を守りつつ、外部からの気になる視線も適度に遮断します。用途に応じて1面、2面囲いの仕様が選択可能です。

意外な収納スペースの上吊り棚

意外な収納スペースの上吊り棚

オプションの上吊り棚でタイヤや荷物を駐車の邪魔にならないように、屋根の近くに保管できます。

あ! という、万が一の安全を守る柱ガード

あ! という、万が一の安全を守る柱ガード

樹脂製の柱ガードを設置すれば、柱に当たっても愛車の被害を最小限に抑えられます。

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

特にカーポートは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、カーポートの知識が身についた、今です!

記憶が残っているうちに、一緒にやっておくと楽チンに終わります!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

賢い人は知っている!見積もりは、比較して決める!

賢く!お得にカーポートを購入するために、必須です!

カーポートを検討すること、ましてはカーポートを購入する決断は、初めての方ばかりです。

人生の中でも、複数回あれば、経験値も相場も習得できますが、そうはいかないことばかり…

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くカーポートの最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

カーポートの見積もりは何度でも無料です!

では、ないでしょうか?

カーポート選び、発注業者で悩んでいる方へ相見積もりを強くおすすめします。

複数社に駐車場を見てもらい、多角的に見積もりをもらうことで失敗してしまうリスクを減らしながら、大きく見積金額ダウンも期待できます。

さらに、タウンライフリフォームさんに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも、外構業者さんには内緒です!)

特筆したいポイントとして、≫タウンライフリフォームさんは自分でフォームを入力すると、相談するを会社と数を指名して相談できるのが、特徴です。

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る