台数から選ぶ

【サルでもわかる】2台用カーポートの失敗を避ける9つの法則

2台用のカーポートがほしい!

・何から検討したらよいか
・費用はどのぐらい?
・どんなタイプがあるか全くわからない

カーポートは、種類も値段もかなり差があります。

この記事では、2台用カーポートを検討している方が失敗を避けられる9つの法則を紹介。

・カーポートの種類
・サイズ
・価格

これらすべてが分かりますよ!

見たい場所へジャンプ

【1】カーポート2台の工事費込みの相場を知る

【5】ホームセンターにも安い2台用のカーポートがある

2台用のカーポートの価格は20万円~40万円ぐらいです。

これはコスパモデルの価格なので、最低でもこの価格。

高いものはも~っと価格が高くなりますよ。

【2】2台停めれるサイズのカーポートは幅が5m以上

【2】2台停めれるサイズのカーポートは幅が5m以上

2台用のカーポートは、幅5mを目安にしましょう。

各エクステリアメーカーのカタログに、「ワイドタイプ」と記載されている商品があります。

ワイドタイプでも、小さいサイズのカーポートは、幅3.6mぐらい。

ですが、3.6mは軽自動車2台も停めれません。

軽自動車の横幅は1.5mほど。

ギチギチに停めてやっと入るサイズなので、実用サイズではないのです。

価格が安く見えるので選びやすいのですが、実際は幅5m以上のカーポートが良いでしょう。

サイズを決める際には、横幅に注意!

【3】2台用カーポートの設置費用は、1台用×2

【3】2台用カーポートの設置費用は、1台用×2

2台用カーポートの設置費用の目安は、1台用のカーポート×2。

縦に連結しても、よこに連結しても増やした分だけ値段が増えます。

ちなみに、3台、4台と横や奥行に連結もできますよ。

【4】2台用のカーポート はリクシル社がシェアNo.1

【4】2台用のカーポート はリクシル社がシェアNo.1

2台用のカーポートも、LIXIL社がシェアNo.1。

・LIXIL
・YKK AP
・三協アルミ
・四国化成
・タカショー

この5社が日本の95%以上のカーポートを製造しています。

【5】ホームセンターにも安い2台用のカーポートがある

【5】ホームセンターにも安い2台用のカーポートがある

ホームセンターでも、2台用カーポートは販売されています。

サイズや外観のちがいはほぼありません。

ですが、耐風圧強度が違います。

先ほど紹介した大手エクステリアメーカー5社の商品は、耐風圧強度が38m/s以上。

ホームセンターのモデルは、耐風圧強度34m/s。

耐風圧強度が10%ほど低い分、値段も10%ほど安くなります。

場所によっては、コスパが良い選択です。

1台用の片足タイプ(片流れタイプ)と違って、2台用のカーポートは両足で建っています。

風邪で煽られて揺れることも、1台用に比べると少なくなるので、そこまで気にしなくても良いと個人的には思っています。

それよりも重要なのは積雪!

東北などの雪が積もるエリアでは、このホームセンターのカーポートは使わない方はいいでしょう。

【6】横に2台駐車するカーポートは、ワイド

横に2台駐車できるカーポートをワイドタイプと言います。

横に間口が広い敷地でよく見かけますね。

LIXIL ネスカR ワイド

ネスカR

ネスカRはオールラウンド型で、どの家庭にも合うような定番商品。

一番小さいサイズで横幅3.6m。

工事費・税込み相場価格は19万1千円。

最大サイズで横幅6m。

工事費・税込み相場価格は37万6千円です。

LIXIL ネスカF ワイド

ネスカF

ネスカRに比べて、屋根がフラットになっているネスカF。

最小サイズの横幅は4.8m。

工事費・税込み相場価格は32万1千円です。

価格だけ見ると少し高く感じますが、横幅がしっかりあり、実用的な2台用カーポートですよ。

最大サイズになると、価格は41万5千円。

ネスカRとネスカFで比べると、ネスカFの方が補強材が入っており、価格が高くなります。

YKKAP レイナツインポートグラン

レイナツインポートグラン

レイナツインポートグランは、LIXILでいうネスカRのような存在の商品。

工事費・税込み相場価格:最小サイズ19万~最大サイズ38万2千円

YKKAP エフルージュツインFIRST

エフルージュツイン

フラットなタイプのエフルージュツインは、LIXILでいうネスカF。

工事費・税込み相場価格:最小サイズ29万6千円~最大サイズ42万4千円

実用サイズになると、最小サイズでも約30万円ほどの価格帯です。

三協アルミ カムフィエースワイド

カムフィエース

カムフィエースは屋根にアールのかかっているカーポート。

工事費・税込み相場価格:最小サイズ24万2千円~最大サイズ46万4千円。

三協アルミ セルフィ M合掌

セルフィ

セルフィは、屋根が完全にフラットな商品がありません。

真ん中に合わせてM合掌になっています。

工事費・税込み相場価格:最小サイズ30万4千円~最大サイズ41万1千円。

完全にフラットな商品で検討している方は、こちらの商品で検討してくださいね。

・LIXIL ネスカF
・YKK AP エフルージュツイン

【7】縦に2台駐車するカーポートは、縦連棟(たてれんとう)

縦に2台駐車するカーポートを、「縦連棟(たてれんとう)」と言います。

・縦連結
・縦列タイプ

こう呼ばれることもありますが、指している商品は一緒です。

この縦連棟は、1台用カーポートを2つくっつけています。

1台用カーポートを1つ設置したあと、同じ商品を連結するという追加加工ができます。

LIXIL ネスカR縦連棟

【7】縦に2台駐車するカーポートは、縦連棟(たてれんとう)

縦連棟 工事費・税込み相場価格:最小サイズ29万円~最大サイズ41万3千円

LIXIL ネスカF 縦連棟

LIXIL ネスカF

縦連棟 工事費・税込み相場価格:最小サイズ29万5千円~最大サイズ41万3千円

ネスカRとネスカFの性能はほぼ変わりません。

形状の好みで検討してもらって大丈夫です。

YKKAP レイナポートグラン縦連棟

YKKAP レイナポートグラン

縦連棟 工事費・税込み相場価格:最小サイズ22万7千円~最大サイズ29万5千円

YKKAP エフルージュ縦連棟

YKKAP エフルージュ

縦連棟 工事費・税込み相場価格:最小サイズ31万3千円~最大サイズ40万6千円

三協アルミ カムフィエース縦連棟

三協アルミ カムフィエース

縦連棟 工事費・税込み相場価格:最小サイズ33万6千円~最大サイズ38万9千円

三協アルミ セルフィ縦連棟

三協アルミ セルフィ

縦連棟 工事費・税込み相場価格:最小サイズ29万3千円~最大サイズ46万2千円

個人的な見解ですが、縦連棟にするとフラット屋根の方が綺麗に見えます。

しかも、高さを高くしても圧迫感は感じにくいです。

フラットかつ、背が高いものを選ぶと綺麗に見えますよ。

【8】おしゃれな2台用カーポートを探しているなら

先ほどまでに紹介した商品は、いわゆるコスパモデルでオーソドックスな商品。

もっとオシャレな商品もありますよ!

LIXIL カーポートSCワイド

【8】おしゃれな2台用カーポートを探しているなら

今まで紹介した商品と違って、屋根材がアルミの板。

スマートでスタイリッシュに見えます。

ただし、光りを通さないので屋根の下は暗くなるのがデメリット。

掃き出し窓の近くに設置する際には、明かりが入りにくいということも考慮してくださいね!

工事費・税込み相場価格:77万~

LIXIL アーキフラン

アーキフラン

柱が横ではなく、後ろにある特殊なタイプ。

・角地
・車の出入りがしにくい場所

柱がないことで出入りがスムーズになるので、こういった場所に向いています。

価格も高いですが、敷地を有効活用したい場合に後方支柱タイプは適しています。

工事費・税込み相場価格:最小サイズ70万2千円~最大サイズ84万7千円

三協アルミ M.シェードワイド

M.シェードワイド

価格は衝撃の100万円越え。

トラス機構の屋根が特徴のデザインです。

家、庭とのマッチが重要なので、どのお家にも似合うというわけではありません。

工事費・税込み相場価格:108万2千円~

【9】積雪対応しているカーポートはコレ!

ここまでに紹介したカーポートは、積雪20cmまで対応しています。

積雪20cmまでということは、東北など雪が降る地域には適していません。

積雪対応が必要な場合は、カーポートの選び方も変わってきます。

LIXIL テリオスポートIII

テリオスポートIIIは、以下の積雪に対応。

・30cm
・50cm
・100cm
・150cm
・200cm

5パターンから選べます。

工事費・税込み相場価格:54万~

LIXIL ウィンスリーポートII

ウィンスリーポート

こちらもテリオスポートIIIと同じく、5パターンから選べます。

・30cm
・50cm
・100cm
・150cm
・200cm

200cmになると柱の本数が増えるので、掘り込みガレージにされる方が多いです。

工事費・税込み相場価格:63万~

YKKAP レオンポートneo

レオンポートneo

レオンポートneoの積雪対応は50cm。

比較的に風の強いエリアに採用されることが多いです。

工事費・税込み相場価格:47万~

三協アルミ G-1ss

G-1ss

屋根材は鋼鉄の板を使っています。

リビングの前に設置する場合は、採光が妨げられることがあります。

設置の際は注意が必要です。

工事費・税込み相場価格:51万~

2台用カーポートの失敗を避ける9つの法則【まとめ】

2台用カーポートの価格は、1台用カーポート×2と考えて構いません。

1台用と同じく、おしゃれな商品や積雪対応商品は価格が高くなります。

大事なのは、あなたの敷地に合ったカーポートを選ぶこと。

・風が強い
・雪がよく積もる
・敷地の間口が狭いなど

設置場所の特徴を考えたうえで、商品を検討してくださいね!

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

≫リショップナビ公式サイトを見る

一生のうちに、カーポートの購入は、2回も3回も経験しません。

だからこそ後悔しないように、価格を安くするだけではなく、カーポートを購入するために必要なことがあります。

それは、カーポートの施工業者選びは慎重になりつつ、1社ではなく複数業者に依頼することです。

私は、相見積もりを取ることを強くオススメしています。

しかし、、、たかが、同じカーポートで複数業者さんと何度も打ち合わせするのは確かに面倒です。

ですが、カーポートのプロと会話をすることで知らず知らずに経験値が手に入ります。

同じ要望をだしても違う商品・提案がもらえて、多角的に検討ができるようになり、実は、カーポートの購入で失敗する可能性がドンドン低くなります。

情報をしっかり調べているあなたなら大丈夫です!安心してください!

先ほど紹介した、リショップナビさんは業者さんの登録審査が厳しく、悪徳業者は完全に排除されます。

その反面、登録業者数が少ない地域がありますが…精鋭部隊なので安心してください。

さらに、専任のコンシェルジュさんがついて、質問・疑問を受付てくれたり、見積もり相談が可能です。

えーーー。いちいち、めんどくさいなぁ。近くの業者に頼んだらいいじゃん

自分で、店舗に訪問して相談したり、ネットで自力で探し出して、毎回住所を入力するよりはるかにラクチンですよ!

入力は必要最小限の項目だけで、あっという間のたった3分で終わります。

エンジンをかけて、車に乗って、外構業者さんの店舗に出かける必要もありません。

業者さん探しの手間が省けます!

それに、本来一番重要であるカーポートにするかの検討&底値を狙う価格の交渉に時間を使えるようになるので、本質的に、正しく検討ができるようになります。

そうすることで成功に近づき、カーポートの購入で失敗する可能性が低くなります。

よく聞く話ですが、業者さん探しに億劫になってしまって、商品選びに疲れてしまって・・・結局、何をしたかったか見失ったりしませんか?

奥さん
奥さん
でも、いきなり電話がかかってくるのが嫌。どこのだれかわからないのは不安

ソラ
ソラ
確かに、急に電話がかかってくると不安ですよね!

要望・内容のところに、「電話ではなく、メールで相談希望」と入力すれば、最初のアクションはメールで連絡があります。(↑の文言はコピペしてもらってOKです)

事前に要望を出すことで、その不安は解消できますね。

そして、何と言っても相見積もりを取ることの最大のメリットは前述の通り「カーポートの価格がウン万円単位で安くなる」ことです。

業者さんによって、カーポートの割引率・工事費用に大きな差があります。

実際の訪問までの相見積もりは2社ほどでも問題ないのですが、価格や割引率の事前確認は、できるだけ多くの業者さんに相談してみるのをお勧めします。

50%OFFでお得!と思っていても、実は別の業者さんではまったく同じカーポートが55%OFFで販売されていた!(しかも工事費は変わらず・・・

ご主人
ご主人
え?!特売のチラシを見てと買った商品よりも3万円も安い・・・

奥さん
奥さん
知らない間に3万円も損していた・・・ってこと? 

ソラ
ソラ
やっぱりそうですよね…、相見積もりを取ることではじめてわかることもあります!

特にカーポートは他のエクステリア商品に比べ、大型のため、5%の差でも金額にすると2万円~3万円、ポンッと変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うカーポートの値段が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

割と、問い合わせをするだけでカーポートがウン万円が安くなることがよくあります。

残業代で稼ぐよりかは圧倒的に効率が良い訳で…。ぜひこの機会にお試しあれ〜。

業者さんによってオススメするメーカー・カーポートが異なるかもしれませんが、カーポート工事には絶対的な正解はありません。

私は、カーポートの値下げするためにも、損しないためにも「業者さん探し」に力をいれてみるのをオススメしています。

じゃぁ、自分とマッチしてそうな必要な2社だけに最初は依頼してみよう!

という風なカスタマイズができるので非常に良心的な会社だと思います。

これからも長い生活を送る住まい・環境をより快適なものにするために、優良業者さんと出会うことは不可欠です。

≫リショップナビ公式サイトを見る

最後までご覧いただきまして有難うございました!

賢い人は知っている!見積もりは、比較して決める!

賢く!お得にカーポートを購入するために、必須です!

カーポートを検討すること、ましてはカーポートを購入する決断は、初めての方ばかりです。

人生の中でも、複数回あれば、経験値も相場も習得できますが、そうはいかないことばかり…

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くカーポートの最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

カーポートの見積もりは何度でも無料です!

では、ないでしょうか?

カーポート選び、発注業者で悩んでいる方へ相見積もりを強くおすすめします。

複数社に駐車場を見てもらい、多角的に見積もりをもらうことで失敗してしまうリスクを減らしながら、大きく見積金額ダウンも期待できます。

さらに、タウンライフリフォームさんに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも、外構業者さんには内緒です!)

特筆したいポイントとして、≫タウンライフリフォームさんは自分でフォームを入力すると、相談するを会社と数を指名して相談できるのが、特徴です。

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る