DIYで作る

カーポートの基礎サイズはこんな大きさ必要?DIYするときのサイズの目安

カーポートによるご近所トラブルに注意
ご主人
ご主人
はぁ、やはり外構費が高い…。 
奥さん
奥さん
これ以上削るとなったら、どこかDIYするしかないのかもね…。
ご主人
ご主人
DIY!?確かに自分で施工したら安くなるかも!!
奥さん
奥さん
カーポートのDIYって聞いたことがあるわ!
ご主人
ご主人
少しでも安くなるなら、僕が頑張って組み立てるよ!
ソラ
ソラ
ちょっと待って!カーポートのDIYにも注意点がたくさんあるよ!

外構費を安くするためにDIYを検討する方もいらっしゃるでしょう。

確かに施工費は安くなるかもしれませんが、準備や施工は想像以上に大変です。

この記事では、カーポートをDIYする際の注意点を解説します!

見たい場所へジャンプ

カーポートの基礎サイズはこんな大きさいる?DIYするときのサイズの目安

ソラ
ソラ
そもそも、ご主人って外構エクステリアのDIYしたことあるの?
ご主人
ご主人
…ないです。
奥さん
奥さん
ないんかい!!
ご主人
ご主人
でも家具の組み立ては得意だよ!
奥さん
奥さん
確かにうちの家具を全部組み立ててくれたけど、カーポートとなると大きいし不安だわ。
ソラ
ソラ
ふむふむ、事前に調べておいた方がよさそうだね。
  • カーポートの基礎の大きさ
  • 同時の手順
  • DIYで安くなるのか

これらを見てみましょう。

取付説明書のメーカー基礎はバカでかすぎる

メーカーの取付説明書に記載されているメーカー基礎はかなりの大きさ。

メーカー基礎だと60cm×50cmぐらい

カーポートの柱1本あたり60cm×50cm。

深さも50cm必要です。

かなり大きいので、人力で穴を掘るのは難しいでしょう。

カーポートを建てるよりも穴を掘る方に労力がかかります。

実用サイズは、A3用紙サイズで十分

とはいえ、外構業者でも実際にメーカー基礎のサイズで施工はしていません。

実用サイズはA3用紙のサイズ。

メーカー基礎ほど大きくなくても充分です。

さらに、土間コンクリートを敷いている場合はA4サイズの場合もあります。

ただし、後方支柱タイプは除く

後方支柱タイプの場合は、メーカー基礎で施工しなければなりません。

カーポートの柱1本あたり60cm×50cm、深さ50cm。

後方支柱タイプをDIYする人も少ないのですが、基礎の大きさが充分必要ということは覚えておきましょう。

カーポートの基礎はどうやって作るのか

カーポートの基礎が何でできているのかご存じですか?

いわゆる、コンクリートです

カーポートの基礎はコンクリートでできています。

  • コンクリートを練る
  • 穴に流し込む
  • 固める

コンクリートと言っても、ホームセンターで販売されている資材でつくることができます。

セメント:砂:砕石=1:3:6

コンクリートの一般的な配合はこちら。

セメント:砂:砕石1:3:6

穴の容積を計算し、必要な量を算出して配合します。

この配合に更に水を加えながら練っていくことでコンクリートができあがります。

セメントは25kg入り、砂・砂利は15kg入りで販売

それぞれの材料はホームセンターで購入可能です。

セメントはだいたい25kg入りで販売されています。

砂・砕石は15kg入り。

袋の数で数えると誤差が出ます。

余分に作ると処理も大変なので、必要最小限に

「多めに作っておこう!」と思うかもしれませんが、余分に作ると処理が大変!

穴の大きさから計算し、必要最低限の量を用意しましょう。

どうしても余った場合は、

  • 水が溜まりやすい
  • 雑草が生えやすい

こういった場所に施工して対策をとることもできます。

駐車場が土間コンクリートになっていると、DIYが大変

駐車場が土間コンクリートになっていると、カーポートのDIYは大変!

カーポートの柱を建てるための穴掘り作業

土の場合はスコップで穴が掘れますが、コンクリートをスコップで掘ることができません。

その前に、コンクリートを切って、割って、穴をあける

駐車場が土間コンクリートの場合、カーポートの柱を建てるための穴掘り作業をするためにコンクリートを割って穴を開けます。

ハツリ機が必要となり、ホームセンターなどでレンタルしなければなりません。

ソラ
ソラ
「ハツリ作業ができないからDIYを諦める」という方がいるほど、難しい作業です。

カーポートのDIY残土は、燃えないゴミで処分できない

カーポートをDIYすると残土が出ます。

燃えないゴミでの処分はできず、ゴミ焼却施設などに持ち込んで処分をしてもらいます。

残土の運搬には、

  • 土のう袋
  • 汚れても良い車

これらの準備が必要です。

上記の基礎サイズでも、カーポート柱1穴で5~6袋

A3サイズの基礎サイズでも、カーポート柱1穴に対して5~6袋分の残土がでます。

1台用のカーポートで10袋分~12袋ぐらいゴミがでる

1台用2本柱のカーポートで10~12袋、4本柱となると更に倍の20~24袋のゴミが出ます。

DIYは組み立てだけでなく、残土の処分も検討する必要があるのです。

ソラ
ソラ
プロに任せると全てお任せで対応してくれますよ!

カーポートをDIYする前に事前に手順を確認

カーポートDIYの手順を紹介します。

メーカーさんが公式ページで施工手順を公開してます

実は、各メーカーが公式ホームページで施工手順の公開をしています。

もともと、ビジネス向け職人さん向けです

元々、職人さんに向けた解説をしてるので丁寧で見やすい動画ですよ。

DIYの事前勉強には最適

事前に作業の様子を見て、自分にできるのかの判断をして欲しいです。

https://www2.biz-lixil.com/video/search/contents_type=1491

カーポートは値段も高い商品なので、失敗はできません

奥さん
奥さん
家具とは話が違うわね。

ぶっちゃけ、カーポートはDIYして安くなんの?

カーポートをDIYする目的は、施工費を安くしたいから。

ですが、本当に安くなるのでしょうか。

DIYをする為には、

  • インパクトドライバー
  • 大きめの脚立
  • 柱穴を掘る道具
  • コンクリートを練る道具など

家にはない道具を買いそろえることから始めます。

ご主人
ご主人
カーポート設置のためだけに買うのは難しいな…。

カーポートの施工費が無料ショップがある

実は、世の中には施工費無料のショップがたくさんあります。

一部ホームセンターでは、「施工費無料キャンペーン」をしていることも。

エクスショップさんが、商品も安く、施工費も無料

エクスショップさんであれば、商品を安く手に入れられるうえに施工費は無料。

ほぼ間違いなく底値に近いでしょう!

タウンライフリフォームさんにも登録されていますので、ぜひご利用ください。

最適な商品を最安値で提案してもらえますよ。

DIYする金銭的メリットは、…残念ながら無いカモ…

正直、カーポートをDIYするメリットはありません

事前に情報を知ったあなたであれば、無謀なチャレンジをすることは辞めた方がいいという判断ができるでしょう。

タウンライフリフォームさんから最適な施工業者を検索してみてくださいね。

悪用厳禁!タダで効率的に、価格を下げるテクニック

カーポートは商品は人生でも購入することは、ほとんどありません。

さらに、日常では意識することもないので、急に言われても相場価格・費用感がわからないの普通です。

安心してください。

このページを最後までご覧いただいたお礼に、最強のカーポート値引きテクニックをご紹介します。

実は、テクニックは簡単です。

「「このカーポート(商品名)は何%OFFで購入できますか?」」

「「このカーポート(商品名)の過去実績はありますか?」」

と、メールで問い合わせしてみてください。

これだけで、OKです。

私は、≪最も効率的に、最安値に近づける最適解≫と考えています。

ぶっちゃけた話。

各エクステリアメーカーで製造された商品はどこで買っても品質は同じ。

ですが、なぜかカーポートの施工業者さんよっては、まったく同じ商品でも50%OFFの業者さん55%OFFの業者さんが存在します。

はっきり言って、おかしな状況です。

しかし、そんないくつも業者さんを探して、つどつど問い合わせるのも面倒です。

そんなときは、無料で優良業者さんを簡単にできるサービスがありますので、ぜひご利用ください。

特にカーポートは価格が大きくなることが多く、5%の差でも金額にすると2万円~3万円変わってきます。

1時間~2時間の打ち合わせで、この先10年~20年使うお庭が変わるので、ここを手を抜いてしまうともったいない!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

もちろん、新築の外構もバッチリ対応しているので、新築外構の方も気軽に申し込んで下さいね。

ささっと、カーポートの知識が身についた、今です!

記憶が残っているうちに、一緒にやっておくと楽チンに終わります!

≫(無料)カーポート業者のランキングを見て優良業者さんを紹介してもらう

賢い人は知っている!見積もりは、比較して決める!

賢く!お得にカーポートを購入するために、必須です!

カーポートを検討すること、ましてはカーポートを購入する決断は、初めての方ばかりです。

人生の中でも、複数回あれば、経験値も相場も習得できますが、そうはいかないことばかり…

あなたの一番の悩みは、

  1. 納得の行くカーポートの最適な設置方法の提案
  2. 高い工事品質と施工後の安全性
  3. 予算内に費用を抑える、工夫と商品選び

 

カーポートの見積もりは何度でも無料です!

では、ないでしょうか?

カーポート選び、発注業者で悩んでいる方へ相見積もりを強くおすすめします。

複数社に駐車場を見てもらい、多角的に見積もりをもらうことで失敗してしまうリスクを減らしながら、大きく見積金額ダウンも期待できます。

さらに、タウンライフリフォームさんに相談すれば1社だけでなく、なんと相見積もり先の優良企業さんまで紹介してもらえます。(しかも、外構業者さんには内緒です!)

特筆したいポイントとして、≫タウンライフリフォームさんは自分でフォームを入力すると、相談するを会社と数を指名して相談できるのが、特徴です。

また、注文をするにはリスクは伴いますが、見積もりまではノーリスクですよ。

しっかりと下調べする人が失敗しないので今から業者探しをしている方は、一石二鳥の無料サービスですので利用しないというのはもったいないですね!

≫タウンライフリフォーム公式サイトを見る